いまさらですがタブレットに手を出しました

最近私のスマホを息子が横取りしてほぼ独り占めしています。
何に使うかというとYOUTUBEみるのとゲームアプリです。
YOUTUBEをテレビに転送して観つつもスマホでゲームをするという。
私のスマホはパンク寸前です。
すぐ電池なくなるし・・・かといって個人的に買ってあげるほど私は甘い親ではないし何より高いものだし無理。
しかし私が使う用があってもすぐまた持って行っちゃうし迷惑以外の何物でもない。
そーいえば友達はタブレットを子供に持たせてると聞いたな、と思いだしネットで検索してみました。
それまでタブレットが欲しいと思ったこともなかったので初検索。
こういう調べ物はノートパソコンのほうが画面も大きくて便利ですね、
タブレットのイメージだとA4サイズくらいだったんだけど、それ普通に買ったらえらい高い!
友達はどこのメーカーなのかな?と質問してみたらスマホ買ったらただでもらったと!
ドコモはそんな投げ売り(配り?)みたいなことをやってるのね。
でもうちはまだまだスマホを買い替える予定はないし・・・やっぱり買うしかないと思って、一度は10インチ1万円の謎の中国製タブレットを買おうというところまでいきましたが・・・
なんせ最近ニュースで火を噴きまくっていますから、壊れただけじゃすまない可能性も。
なんなら家全焼の可能性も否定できません。
ということでオークションにすることにしました。
8インチのドコモで投げ売りしてるタブレットを私は買うわけです。
こっちも1万円くらいで落札できるので、ちょっと小さいけど安全を選びました。
これで子供と奪い合いしなくて済みそうです。脂肪燃焼

子供は風の子とは良く言ったものですがその通りでした。

 本当に何気ない事なんです。だからどうしたとかでは無いですし特別な落ちがある訳でも無いのですが、たった一日のうちで三度同じ様な事が続いで少し驚いたので報告させたいただこうかと思いました。
 とにかく寒い日でした。昼食を買いに外に出たのですが空は鉛色で今にも雨が降って来そうな天気でした。雨というより小雪がチラつきそうな寒さなのでコンビニの中はまるで天国でした。買い物を終えて外に出ると二人の外国人とすれ違ったのですが二人ともTシャツ姿ではありませんか。一人はジャケットを羽織っていましたがもう一人はTシャツ一枚で寒いな歩いて来るのです。どうやら観光客の様で二人共白人男性、背は高く筋肉隆々の立派な体付きなのでなるほどといったところでしょうか。よく脂肪が多いとか筋肉質とか太っていたりすると寒さに強いと言いますし今まで何度も外国人、特に西洋の方々が冬の日本を比較的薄着で観光なさっているのを見かけた事もありましたのでそういうものまのかとは思いましたがきっとこの人達は寒い国から来たのだろうなどと考えたりもしていました。ただすれ違う瞬間気づいたのですが肌が白いせいか余計に鼻先と頬が赤くなっていました。
 さて今度は日も暮れて夕食の買い物に出掛けた訳です。その日は寒いのでほとんど外に出ませんでした。雪は降りませんでしたが暗くなったので先程よりも寒さは厳しくなっていました。交差点の信号待ちが長いのですが間に合わず変わるまで震えて待っていたのです。すると横に30代位の日本人男性、彼もまたTシャツ一枚しか着ていません。さすがに震えていたので仕事休憩で食事に出るのになにも着て来なかったと言ったところなのでしょう。
 気の毒に思いながらも帰宅を急いだ訳ですがマンションのエントランスに二人の小学生が立って話をしていました。片方は女の子、毛糸の帽子、ダウンジャケット、タイツに厚手の靴下、手袋。べつにジロジロ見た訳ではありません。何せ隣の男の子が半そでのTシャツに半ズボンにランドセルという姿だったからです。特別太っている事もなくむしろ痩せ型でしたので脂肪とかは寒さに強い事と関係ないのではと思うほどです。子供は風の子とはいうものの普段からのなれというか寒そうにしている様子もありませんしたいしたものだと思った訳です。この子はいつまでこの格好をしていられるのだろうなどと考えながらも急いで自分の家へ向かっていました。何と言っても寒いですから。http://haru-shampooo.net/

道路オタクって何なのでしょうね。

私の友達にはなぜか鉄オタが多いのです。鉄オタ、というのは俗にいう鉄道が大好きな人のことです。もちろん、私は理系の大学生であり、周りに男子が多いということも起因しているとは思いますが、それでも、多いのです。変な話ですが、私には友達があまりいません。人気者とは程遠いです。にも関わらず、その少ない友達の中に鉄オタが多いってなかなかのキセキですよね。実は私も電車を見るのが好きなんです。ですが、彼らとは話していると、どうやら着眼点が違うみたいなんですよ。もちろん鉄オタ、と一口に言ってもなかなかに種類が多いことも知っていますし、その時はたまたま趣味が合わなかったんだなと思いましたが、その次に知り合った友達とも違うんです。そして、いつも思うのです、どうして、彼らは電車の車体に注目するのだろう、と。そんなある日でした。私はおばあちゃん家に行くために高速道路になりました。私は感動しました。なんてきれいなんでしょう。目はもう釘付けで、そのころには何も考えられなくなっていました。そこで気が付いたんです。私は、道路が好きなんだ。鉄道オタクに言い方を合わせれば道路オタクです。感激しました。長年の疑問が解決して、私はとてもすっきりしました。調べてみればなんと、DVDまであるじゃないですか。テンションが上がって鉄オタの友達に絡みまくってしまいました。すいません。
まあそんなこんなでこれにて解決、かと思ったらそうでもなかったんです。うん。それで、これからどうするの。そんな疑問が頭の中をめぐりはじめてしまいました。しかも、調べていくうちに判明したのですが、どマイナーな趣味なんですよ。これ。鉄オタって友人曰く一般人には理解されにくいらしいのですが、理解されないどころじゃないですよ。まだいいじゃないですか。知名度はあって。車の免許を持っていない私にとって高速道路にいくなんて夢のまた夢なので、今日のところはとりあえず散歩をしました。ブライトエイジ化粧品